オーダースーツの生地の値段の違いとは

オーダースーツを作る際に、生地やデザインを選ぶと思いますがどうやって生地の値段が決まっているのかご存知でしょうか?生地にも値段の高い・安いがあり、その値段の決め方は生地に使われている「繊維の細さ」です。
お店で、いろんなスーツを見ているときに「SUPER100」という文字が書かれたタグを見たことはないでしょうか?実はここに書いている、100の数字が高くなればなるほど繊維が細くなるため、値段が高くなるという仕組みです。
繊維が細いとより柔らかくなり、肌触りが良いスーツに仕上がります。
しかし、繊維が細いことは破れやすいということなので、ご注意を。
つまり、繊維が細く耐久性もあるスーツが欲しいという方は「SUPER100」の数字の生地を選ぶのがおすすめでしょう。
ちなみに、SUPER100と記載していたとしてもその素材自体がどこ産なのかによって、また値段が変わってきます。
そのためスーツを選ぶ際は生地の数字だけでなく、どこ産の素材を使っているのかまで細かく見てみると面白いと思います。