オーダースーツの生地は実際に触って確認するのが一番

着用しているスーツが古くなってきた、気分を一新するためなど、様々な理由でオーダースーツを作ると思います。
実際にオーダースーツを作る際に、皆さんがあまり気にしていないようで、実はとても大事な部分について今回はご紹介致します。
オーダースーツは自分の体にフィットして着心地がよく、デザインも自分で選べるということで人気です。
しかし、そこばかりに目を向けるのではなく、スーツの生地を「見て、触る」ことがとても重要です。
では、実際に何を見ればいいのか?まずは、「スーツの光沢」です。
スーツ生地にシルクが織り込まれていると光沢ができ、高級感のあるスーツに仕上がります。
次に、「生地の柔らかさ」です。
良い生地かを見分けるには、スーツの袖部分をつまんで柔らかさを確認することができます。
ソフトな感触のものは良い生地の証拠です。
最後は、「シワの確認」です。
良い生地の場合は、スーツをつまんだ後にすぐにシワが戻るためより綺麗な状態がキープできます。
このように、オーダースーツを作る際はスーツに一度触れてから選んでみてはいかがでしょうか。